合気道(日本文化)

合気道

合気道あいきどう

 護身術ごしんじゅつとしてもられる合気道あいきどうは、道具どうぐ使つかわず素手すでたおしたり、さえこんだりする武術ぶじゅつです。相手あいて手足てあし関節かんせつをつかんでひねることで、おそいかかってきた相手あいて最小限さいしょうげんちからぎゃくかすことができます。また合気道あいきどうは、ふるくからは中国ちゅうごくから伝来でんらいし「」の概念がいねん神道しんとうむすびついて発展はってんしたもので、独自どくじ呼吸法こきゅうほう習得しゅうとくすることでより効果的こうかてきわざされます。

 

合气术

 作为防身术(1948年起称为合气术)而为人知晓的合气术是一种不使用工具空手将对方打倒或按住的武术。抓住并扭转对方的手脚或关节,能够用最小的力气,将袭击而来的对手打败。合气术是将古时候由中国传来的“气”的概念和神道有机结合而形成的武术,通过掌握其独到的呼吸方法,从而产生更有效的技巧。

 

skype11

 

 

文章分类 日本文化