うどん 乌冬面

 屏幕快照 2017-05-08 上午10.50.05

うどん

 小麦粉こむぎこからつくられる「うどん」は、奈良なら時代じだい(710〜784)に中国ちゅうごくからつたわりました。おも京都きょうと大阪おおさかなど西側にしがわ地方ちほうでうどんよう小麦こむぎおお栽培さいばいされるため、関西かんさいひとはうどんきのひとおおいようです。ぎゃくさむやせせた土地とちでも比較的ひかくてき栽培しやすいそばは、関東かんとうひとこのまれています。

乌冬面

用小麦粉做成的乌冬面是在奈良时代(710-784年)从中国传来的。由于小麦主要在京都、大阪等西部地区栽培,所以关西人多爱吃乌冬面。相反,即使在寒冷、贫瘠的土地上也比较容易栽培的荞麦面则深受关东人的喜爱。

 

skype11

文章分类 日本文化, 日本菜